ギフトに贈るコーヒー

インスタントコーヒーの効果を感じる時

インスタントコーヒーの効果を感じる時 試験勉強や資格試験は、試験日が決まってます。試験で良い結果を得るために、最後は深夜まで勉強時間が延長します。
社会人になっても、仕事で同じ状況はあります。得意先に納品する期限の迫った資料や、会社の方針を決定する重大な会議で使うデーターのまとめ作業は、時間が限られます。
とうてい、得意先を納得させられない内容の資料や、すぐに上司からダメだしが出そうな不出来な内容では、やり直しが必至です。そうならないよう、持てる能力のすべてをフル回転し、時間までに完成するには、徹夜になることもあります。そこまでしなければ、満足いく結果が得られないことはしばしばです。
 勉強においても、仕事においても、長時間続けて頭を使うと、どうしても、判断力や思考力がマヒして、効果ある判断ができません。それでも、やり遂げなければなりません。
そんな時、一杯のコーヒーが、疲れて停滞した頭脳を蘇らせてくれます。一秒でも、一分でも、もったいない状況では、お湯を注ぐだけで飲めるインスタントコーヒーの便利さが生きてきます。
たった一杯のコーヒーですが、眠気を覚まし、疲れ切った頭脳をリフレッシュしてくれる効果が期待できます。

インドネシアコーヒーの飲み方について

インドネシアコーヒーの飲み方について インドネシアのコーヒーは、極細粒に挽いた豆をカップなどに入れ、そこにお湯を注ぎ良くかき混ぜた後、蓋をして5~10分程度待てば出来上がるシステムで、フィルターなどを通さないので、豆がカップの底部分に沈殿しているのが特長となります。
インドネシアコーヒーの飲み方は、上澄み部分のみを飲むのですが、沈殿している豆が舞い上がららないように注意しながら飲み、豆が口に入ってしまうと口の中がジャリジャリして、噛み砕くと苦味が出るので美味しさが失われてしまいます。
また、コーヒーを作る際、まれに豆が沈まない場合があるので、こういった場合はスプーンなどで沈めるか取り除くかの方法を行い、砂糖やミルクなどを入れる場合は、お湯を注ぐ前に事前に入れておくようにします。
また、上澄みの部分を飲んだ後、沈殿している豆を皿などに移し、崩れる様子を見て占うインドネシア式のコーヒー占いというのもあるので、味わう楽しみと見る楽しみがあります。