ギフトに贈るコーヒー

コーヒーの飲み過ぎに注意!

コーヒーの飲み過ぎに注意! コーヒーは世界中の方々から愛されている飲み物です。飲むと気分が安らぎますし、頭がすっきりとします。
ブラックで飲んでも、ミルクを入れてカフェオレにしても美味しいですから、あらゆる飲み方があるのも魅力です。
しかし、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。コーヒーにはカフェインが多く含まれていますから、病院の医師にカフェインを禁止されている方はもちろん飲むことは出来ませんし、妊娠中や授乳中の方は毎日何杯も飲むことは止めた方が良いでしょう。
胃が弱い方も程々にしておかないと、胃痛を引き起こす可能性がありますので、出来れば一日一杯までにしておくと良いのではないでしょうか。
更に、飲み過ぎにより肌荒れを引き起こす可能性も高くなります。特にニキビが出来やすくなりますので、普段からニキビにお悩みの方や、ニキビが出来やすい体質の方は注意が必要です。
何事も食べ過ぎや飲み過ぎは身体に良くありませんので、コーヒーも同様に、適度に楽しむのことをお勧めします。

コーヒーの飲み過ぎで胃酸分泌過剰による胃痛になることも

コーヒーの飲み過ぎで胃酸分泌過剰による胃痛になることも 「コーヒーが好きだから」「勉強や仕事での集中力維持のためカフェインの覚醒作用を利用している」などといった理由で、1日にコーヒーを何杯も飲んでいる人もいるでしょうが、カフェインには覚醒作用以外にも胃酸の分泌を促進する作用があるため、特に空腹時のコーヒーの飲み過ぎは胃酸分泌過剰を起こしやすくなります。
空腹時の胃酸分泌過剰は胃の粘膜が傷つき胃が荒れる事で、胃痛や胸やけなどの症状を引き起こしますし、逆流性食道炎の方は症状が悪化する恐れもあるので注意しておく必要がある飲み物です。
ただ、胃痛や胸やけなどの症状は、空腹時にコーヒーの飲み過ぎで起こる可能性が高いというだけであって、食後に適量飲む程度であれば、寧ろ胃での消化が促進されて胃もたれの予防にもつながりますし、カフェインレスのものや摂取量に気を付けて飲めば胃痛などの症状を防ぐ事は十分に可能です。
また、胃痛が既に起きているという場合は、胃の粘膜の再生を促す成分を含む納豆であったり、胃の粘膜を保護する働きがある牛乳が対策として効果的だと言われています。