ギフトに贈るコーヒー

コーヒーのしみ抜き効果洗剤

コーヒーのしみ抜き効果洗剤 コーヒーを飲んでいて、衣服にしみが付いてしまった場合、すぐであれば水溶性のしみなので水と台所用洗剤で簡単に落とす事ができますが、時間が経過して酸化してしまうと、漂白処理によるしみ抜きが必要になります。
しみ抜きの方法は、コーヒーが付いている場所を軽く水で濡らし、台所用洗剤を付けて揉みほぐした後、水で濯げば簡単に落ちますが、しみがまだ残っている場合は何度か繰り返す事で徐々に薄くなっていきます。
また、台所用洗剤は、衣服の色落ちなどのリスクが少ない中性の物を使用するようにし、しみが付着した部位によっては、しみ抜き棒や綿棒などを使用して作業します。
水と台所用洗剤でしみが取れない場合は、漂白剤を使用する方法となりますが、色の付いた衣服の場合は脱色する可能性があるので、目立たない部位で漂白剤によるテストを行い、脱色が発生したら漂白剤は使えないので注意し、脱色が無かったら漂白剤をしみが付いている部分に付けて台所用洗剤と同様にしみ抜きを行った後、衣服に合った方法で洗濯すれば終了となります。

コーヒーの飲み方に関するマナー

コーヒーの飲み方に関するマナー コーヒーを飲む際、実はいくつかのマナーがあります。
「カップとスプーンの位置について」。
これには、二通りあります。
一つ目は、「カップの取っ手が向かって左、スプーンはカップの手前」。
かき混ぜる時はカップを左手で持ち、飲む時はカップを回転させて右手で持ちます。
片手作業にならないので、日本的にはオススメのマナーです。
二つ目は、「カップの取っ手が向かって右、スプーンはカップの手前」。
ソーサーごと、左手で持つ形になります。
右手が自由になるので、右利きの人に向いています。
「かき混ぜ方について」。
円を描くようにかき混ぜる人をよく見かけますが、これだとコーヒーと砂糖が同じ向きに回転することになるので、実は効率が悪いやり方です。
静かに前後させたほうが効率的です。
「カップの持ち方について」。
人差し指と中指を取っ手に添え、反対側から親指を添えるようにすると、横方向へのブレに強くなります。
さらに薬指も添えることで、縦方向のブレにも強くなります。