ギフトに贈るコーヒー

さまざまな種類のコーヒーの飲み方

さまざまな種類のコーヒーの飲み方 コーヒーには、さまざまな種類の飲み方があります。
一つ目は、「カフェオレ」。
これは、ミルクを50%の割合で混ぜた物です。
味が穏やかなので、小さい子でも飲みやすくなっています。
ただ、ミルクに味が負けやすいので、やや濃いめのドリップを使ったほうがよいでしょう。
二つ目は、「カフェラテ」。
これは、ミルクを混ぜるという点ではカフェオレと同じですが、「エスプレッソを使う」「「ミルクの割合」」の2点が違います。
エスプレッソは豆が深煎りなので、カフェオレよりも味にコクがあります。
また、ミルクの割合は80%と、カフェオレよりもかなり多めです。
三つ目は、「カプチーノ」。
これは、泡立てたミルクを、エスプレッソに入れるという物です。
さまざまな物の中でも、特にイタリアで好まれている飲み方です。
カフェラテと近いですが、ミルクが泡立てられているので穏やかな口当たりになっています。
この他、浅煎りの豆を使った「アメリカン」や、ホイップクリームを乗せた「ウインナーコーヒー」などがあります。

ジャコウネコで有名なコーヒー、コピ・ルアックの飲み方

ジャコウネコで有名なコーヒー、コピ・ルアックの飲み方 ジャコウネコで有名なコーヒー、コピ・ルアックは世界一希少なコーヒーと呼ばれていますが、どのような飲み方をすればよいのでしょうか?コピ・ルアックは、インドネシアで野生のジャコウネコの糞から採取される、消化しきれなかった豆から作られます。
豆は皮に包まれて排出されるので、豆は糞と接触していません。
ジャコウネコ体内の、消化酵素や腸内細菌などの作用で、独特な味わい・香りとなります。
現地、インドネシアでは、フィルターを使わずに、カップのコピ・ルアック粉末に直接お湯を注ぎ、粉が沈殿した後の上澄み液を飲む、という飲み方が主流です。
初めてコピ・ルアックを飲む方には、このインドネシア流の飲み方がおすすめです。
インドネシア流の飲み方を正確に再現するためには、日本の「極細挽」より細かく挽いた、パウダー状のコピ・ルアック粉が必要です。
粉が入手できたら飲み方は簡単です。
コーヒーカップにその細かい粉を入れ、直接お湯を注ぐだけです。
しばらく置いて、粉がカップの底に沈むのを待ってから、上澄みを味わいましょう。