ギフトに贈るコーヒー

コーヒーは毎日飲んでも体に害は無い?

コーヒーは毎日飲んでも体に害は無い? カフェインの害が叫ばれ、妊婦さんは飲まないようにしているコーヒー。
でも1日に3杯から5杯程度までなら毎日飲んでも害はないのです。
むしろ、覚醒作用やストレスの緩和・体内の毒素の排泄など良い効果もたっぷりです。
カフェインも含まれていますがポリフェノールだって含まれています。
危険なのがコーヒーの過剰摂取。
不眠や睡眠不足に陥ったり、胃に悪かったり。
コーヒーを飲むたびに砂糖やミルクをたっぷり入れていてはカロリーの面でも心配です。
タバコと違って、コーヒーやアルコールは飲む量を間違えなければ大丈夫です。
そこまで怖がることなく正しい知識を持って利用するようにしましょう。
仕事の合間のすっかり煮詰まってしまったときにおいしく一杯を飲めば、目も覚めますし、リラックス効果によってきっと仕事もはかどり、良い結果が出せるはずです。
わずかに含まれている成分・アクリルアミドに発がん性があると言われていますが、毎日数杯飲む程度だと影響はありません。

コーヒーと紅茶ではどっちがカフェインが多い?

コーヒーと紅茶ではどっちがカフェインが多い? 特に妊婦さんになると気になるのがカフェイン。
コーヒーに入っている成分ということで有名ですが、実は紅茶や緑茶・ココア・コーラ・栄養ドリンクなどさまざまな飲み物に含まれているのです。
コーヒーや紅茶と一口に言っても豆や茶葉の種類によって異なります。
とはいえ、紅茶や緑茶の方がグラムあたりのカフェイン含有量は多いという結果ガあります。
ただし、抽出方法がそれぞれに異なることから、カップに1杯で考えるとコーヒーの方が多くなります。
そのため、特にコーヒーに関しては飲む量に注意が必要なのです。
そうは言っても、1日に1杯から2杯程度であればそれほど問題はありません。
大量摂取をしないことが一番大切です。
仕事の合間の眠気覚ましに・ストレスを解消するためにもその一杯が必要なときもあるでしょう。
最近はノンカフェインやカフェインレスのものも出てきています。
気になるようであればそれらも活用しながら、おいしくいただくようにしましょう。